はじめに


まず、こちらのページに足を運んで頂きありがとうございます。
『簡単シンプル! 人見知りでも司会者のようにスマートに話せる新郎謝辞』を作成するにあたり、人見知りの方・話し下手の方・緊張しやすい方・文章構成が苦手な方にお役に立てたらと思い作成させてもらってます。少しでもこの作品に出会うことで、お役にたてたら幸いです。


こちらを読むことで何が生まれるか?


あなたはどのような新郎謝辞を迎えたいですか?私は列席者全員に語りかけるのは苦手なタイプで少しでも楽にかつ喜ばせ感動を与えるスマートな結婚式を行いました。

 
・こちらを読むことで、当日に話す内容がシンプルになり、プレッシャーが減る。
・気合を入れなくても理論で行動することにより、冷静な行動がとれる。
・気合を入れなくても皆さんが注目してくれる。


感動的な新郎謝辞をするには『ポイント』を抑えること!


私は知人の結婚式に50回ほど出席し、私の新郎謝辞を終えて感じたことは。必要なことは文章力じゃなく、いかにして列席者の方々の興味を沸かせ、聞く体制になった時点で何を伝えたいのかという点に着目しています。

私は知人の結婚式に何度か出席するにあたり、ある疑問点をいだきました。

 
・新郎がいくら感動させる文章を考えて、新郎謝辞に望んでも各自・各自で話していて聞いていない
・席が遠いと真剣に聞こうとしても、周りがうるさくてよく聞こえない
・新郎は一生懸命に話してそうだけど、伝わってこない


なぜこのような現象が起こったのか?
・聞く体制になっていない
・聞く体制になっていないから、かなり大きい声を出さないと聞こえない
・聞く体制になってはいるが、新郎が緊張して棒読みになっている

どのようにしたら改善できるのか?
・聞く体制にすればいい
・聞く体制にすれば大声を出さなくて済む
・緊張をしない方法や緊張をしなくていい考え方を持てばいい

このように考えると意外と簡単なことが、実際起きると頭が回らないことがあり、わからなくなることもあると思います。そうならない為にもしっかりと前の日からイメージして備えときましょう。


このようにならない為の『簡単シンプル! 人見知りでも司会者のようにスマートに話せる新郎謝辞』にはこんなことが書かれています


・そもそもなぜ緊張するのか
・たいした内容を話さなくても70%はいい印象を与えれる方法
・少ない力で幅広い客層を驚かせ、感動を呼ぶ新郎謝辞の秘訣とは…
・まとめの考え方
・秘訣の内容と最後のポイント
・予備知識と重ね言葉

私が伝えたいこと