新郎謝辞

 

■最後に、オトコらしく決めろ。

なんといっても、披露宴の最後を締めくくる「新郎謝辞」。
男らしく決めて、印象に残る結婚式にしたいものだけど…。

言葉がわからない、暗記出来ない、緊張する…などなど、忙しい新郎には不安がいっぱい。
ポイントをしっかりと押さえて、男前に決めるところを花嫁に見せつけよう!

 

■基本をしっかり決めろ!

1、冒頭の挨拶
始めの言葉は、わざわざ足を運んでくれたゲストへのお礼と、お祝いや励ましの言葉をかけてもらったことへの感謝の気持ちを伝えるのがベスト。
ゲストにはっきり聞こえるよう、大きな声で堂々と読み上げましょう。

 

例文)
本日はお忙しい中、私たちふたりのために多数お集まりいただき、誠にありがとうございました。
皆様から心のこもったお祝いの言葉を賜り、身に余る幸せと心より感謝申し上げます。

 

2、ゲストへの感謝の言葉

これまで支えてくれたゲストへの感謝の気持ちを述べましょう。
お決まりの挨拶ではなく、結婚までのエピソード等も加えると、よりリアリティが増してゲストに伝わりやすくなるはずです。

 

例文)
今まで育ててくれた両親はもちろんの事、ご列席いただいた方々や関係者すべての方々があたたかく見守ってくださったおかげで、こうして晴れの日を迎える事ができました。

 

3、今後の抱負
これから始まる新生活に向けてのふたりの決意や抱負を具体的に述べましょう。
また、これまで支えてくれたゲストに、今後の指導を改めてお願いしておけば、ふたりの誠実さがより伝わり好印象に。

 

例文)
まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせて精一杯頑張って参ります。
何かと世話の焼ける事と思いますが、今後とも末永くご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

4、締めの挨拶
結びの言葉では、ゲスト全員へ向けた感謝の気持ちをきちんと伝える事が大切。
披露宴を締めくくる大切な言葉になるので、簡潔なお礼の挨拶と、気持ちいい程の大きな声でオトコらしくビシッと決めましょう。

 

例文)
最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして、私たちふたりのお礼のご挨拶にかえさせていただきます。
本日は、本当にありがとうございました。

 

■ストレートな気持ちで決めろ!

事前に準備している人がほとんどですが、ぶっつけ本番でオトコらしく挑む新郎も意外に多いんだとか。
結婚式だからとかしこまらず、本番当日のストレートな気持ちを伝えたいという潔い新郎が増えている傾向。

 

■簡潔に決めろ!

花嫁の手紙に比べ、半分以上の新郎が30秒〜1分で終わらせているとの事。
最後の最後でゲストを疲れさせないよう、簡潔にビシッとオトコらしく決めよう。

 

■喜ばせて決めろ!

普段はなかなかそんなそぶりを見せない新郎が、オトコらしく真面目な言葉で決めると、新婦・新婦両親ともに安心するもの。
逆に、笑を入れて最後に会場を盛り上げたり、最後のサプライズとして花嫁の妊娠を報告したりと、自分なりにアレンジを加えて列席者を喜ばせよう。

 

■最後に!

口べたな人、文章を考えるのが苦手な人などなど、緊張するのは必至ですが、とにかく大きな声と堂々たる姿勢、そしてオトコらしくハキハキと言葉に出せばオッケー!

一世一代の男の見せ所、がんばりましょう!

 

 
htwedding

marriage_co01
一生に一度の結婚式♪わからないことだらけ。。。。だからこそ準備は大切♥
まずはココで流れについてお勉強!!

marriage_co02
両親、お世話になった方々へ、花嫁の手紙。
marriage_co06
二次会って、こんなに大変!
marriage_co05
婚約指輪 -Engage Ring-
marriage_co04
結婚式BGMに迷ったら…
marriage_co03
新郎謝辞はこう決めろ。